So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

が嫌われる本当の理由と恋に効く [日記]

恋する人はウソをつくのは避けたい。

しかし実際には、誠意をこめた恋だからこそ嘘もあるのだ。

傷つける事のない小さな嘘はむしろ恋人を幸福にさせる確率が高い。

あなたとの話し中に、好意のある相手が、あなたの方を真正面から見つめた上で、まばたきする事が少ないなら、いいなと思っているという見込みがあるというわけです。

異性を愛する感情だけが二人の心を留めている。

愛だけの関係だから男女関係なくパートナーに対して、テキトーになれない。

その誠実さがどちらも磨く事になるのだ。

恋人への愛情が減ると珍しいオキシトシンという物質が体内で作られ、体が硬く変化する。

パートナーの手を握った際に硬さを感じたら異性を愛する感情がなくなったれっきとした証拠かもしれない。





自分は実は猫、犬好きだという人はドラマチックな恋愛ができるよう願っている。

猫だって、当然の事愛情に比例して主人に寄り添うようになり、心が通じ合うパートナー。

だけど実際澄\xA1
ました表情で、お天気屋なのである。

異性が病気やけがでキツイときは特に誠意をこめた言葉や心配りの感情を気づいてもらえると、一気に相手を手繰り寄せられるおかげで、好都合である。

よく知られたロミオ&ジュリエットで知られる、許されざる禁断の愛がほかの愛よりも燃える理由は、二人以外の余計な干渉が固い心の結びつきの二人をさらに深いものにしてしまう反発心が作用するわけである。

「俺が守ってやる」などといった強い男性らしい武道家さながらのとろけるようなセリフにぞっこんになってしまう女性はいくらでもいる。

とはいえ有言実行できない男性とはすぐに交際しなくなる事もありうる気をつけなければならない。

恋人との間では、どんなくだらないと思うような事でも「素晴らしいよ」や「すまない」と考えている事を忘れずに口に出す出会ったころの感情を何があってもずっと忘れない事が最も大切である。



普通、一目惚れというのは「自分の想像上の恋人のイメージに心を奪われている」そんな現象の事が多い。

つまり「イメージの投影」\xA1
というよくある心の動きといえる。

口説き落としたい\xA1
相手が打ちのめされている時は逆にモノにしたい相手の心を勝ち取るありがたいチャンス!相手に合わせて声質を使い分けろ!高い声は活力を与える事ができ、低い声で話せば相手に安心感を与えます。

たとえ結婚しようとしまいと、相手を愛する事ができるのが本当の恋なのです。

もしかすると別れはくるかもしれない、だけどその相手を好きという感情が偽りのない愛なのだ。

「浮気する事もできないのに、バカじゃないの?」みたいな責める言葉を彼氏に吐くと、頭にきた彼氏は「許せない!するよ!浮気するよ!」と無言でケツをまくる。

マンネリを食い止める手段を知りたい?その良策は、パートナーと二人でする共同作業の中にある。

パートナーと同じ目標を持ち、目標を成し遂げた時に、二人で目標に到達したという一体感が重要である。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

我輩はであるともう一度恋したい [日記]

女性の心理学によれば、人々は初顔合わせから大体3回目までにその人間に対する立ち位置がはっきりするというロジックが存在します。

たかが3度の面会で、その方が所詮顔見知りなのか恋愛感情が生まれるのか見極められるのだ。

恋愛のネタになると「出会いがない」とため息をつき、尚又「世界は広いけれど、理想のオトコはいないんだ」とぐったりする。

後ろ向きシンキングな女子会に参加した事、ありませんか?新しい女性の心理学として女の人に注目されている「ビジョン女性の心理学」。

“恋愛無縁仏改心”にチャレンジするあらゆる女の人に馴染む、プラクティカルかつヒーリングとしての女性の心理学と言えます。



目立たないよう「ぽんと肩をたたく」又は「肩にそっと触れる」と言う事では何気ない「Body touch」ですので、「近接な関係の距離55センチ以内へのさらっとした侵入」と考えて「汚れていない清潔感のあるうっとりさせる香をほのかにさせる」事が大切です。

恋人とのキスによって、知らず知らず相手の遺伝子の情報や生殖の能力を探り、自分\xA1
にふさわしい生き物であるかどうかを選り抜いている。

キスで選別されない、となれば生物学的な観点から相性が合わないと言う事。

自分の彼女にしたい相手が体の具合が悪くて弱気になっているときこそ誠意をこめた言葉や思いやっている感情を気づいてもらえる事ができたら、急激に相手をラブラブにさせられる事から、気を抜けない。

猫の事が好きな人はドラマチックな恋愛ができるよう願っている。

猫だって、言うまでもないけれど大事にすればするほど飼い主にどんどんなつき、心が通じ合うペット。

そうはいうものの実際クールな表情で、お天気屋なのである。



普通の女の人は男の人の多くの能力が特別ではない事が好みである。

すべての点において平均点の男性がモテモテ。

特別素晴らしい才能ばかりの誰からも一目置かれる男性は実際にはそばに寄ってもらえない。

異性をいとおしく思う感情というものは義理という関係の鎖で維持されているといえます。

そして当然ですがほとんどの人間の本質は善ではないの\xA1
だから、そんな義理は人間の性質であっさりとたち切ってしまうもの\xA1
だ。

本当の恋をしている人は思慮分別なんかはできない事がふつうである。

と言う事では、落ち着いて考えがぶれる事なくきくと言う事では嘘ではない恋を比べるとほど遠い裏付けなのである。

気になる男の人をこちらに振り向かせるには30秒TELが非常に効果的!話の区切りがついたら相手に言われる前に自分から告げてTELを終わらせてしまう。

そこで「短いよ、もっと話そうよ」と頼まれたら、次回の約束をする。

自分が大切にしている動物を使うと、相手の自信マンマンの部分を理解する事が可能。

ペットと飼い主は似るもので、人間にとっては、長年自分が大切にしている動物というものは飼っているその人の姿そのものと言える奇妙な存在と言う事です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

社会に出る前に知っておくべきのことと恋に効く [日記]

しばしばいわゆる「ガードの堅い」女なんてものは、口説かれたい男性との出会いのときも理由を付けて輪の中に入れず、あなたと彼の二人の運命の出会いなかった事にしてやろうとしているのだ。

とにかく最初は相手と知り合う事が重要。

巡り合う事ができれば相手の事を愛しあう事になる事でしょうね。

そうして相手と愛し合うようになれば、お互いの事を支えあうようになるに違いない。

「俺が必ず守ってやる」等の男っぽいまるで騎士のようなとろけるような言葉に惚れてしまうという女性ばかりである。

しかしながら口先だけの男性とはあっという間に終わってしまう確率が高いので気を付けるに越した事ではない。

人にとって愛とは、孤独を感じている人間が孤立しているという寂しさを解消しようとする心情であり、と言う事では愛こそ本当の社会生活で、ますます幸福にやっていくためのこの世で最高の営みなのだ。



女性が、男性のくだらない話でも誠実に耳を傾けて下さい。

「すごい、素敵、それからどうなるの?」と瞳をきらきらと輝か\xA1
せながらビジョンを聞いてあげて下さい。

それだけで足りるのだ。

相手を愛する感情というものはいうなれば義理の鎖で維持されているわけです。

そこへほとんどの人間の本性は少なからず悪であるから、そんなか細い鎖は自分の本性で淡々とたち切る事ができる。

初めにSNSや出会い系サイトから出会った男女の方が、体の関係になるスピードはとても速い。

本心を明かして知り合った二人なので、本人同士が会う事さえすれば、すべてを見せる事ができるからだと思われます。

口説きたい異性が何かをのんだら、自分も飲む。

頭をかいたら、自分もかく。

足を組みかえたら、あなたも足を組みかえる。

こうやってあなたが好きな人のしぐさの真似をするとお付き合いしたい相手に親近感がわく可能性が高い。

常にくしゃみを両手で口を隠して、いっしょうけんめい音を小さくしようとする人はコケティッシュなのだ。

それくらい周りの状況を見て、行動したら、大勢の人にやさしくできるので、モテると期待して間違いな\xA1
い。



親しくなりたい異性にぐっと近づく\xA1
ために、相手の男性がたった一人の存在だと言う事を暗示させる言葉を巧妙に言ってみるのもいい手順。

例を挙げれば「あなただけ」とか「オンリーユー」のと言うのが一つの効果的な技。

大好きな人に告白するときは好きになった理由づけが重要。

「〜だから、付き合いたい」などという好きになった理由をはっきりとすると、一段と説得力と真実味が増すのが理由。

大勢でデートのとき、運転は何があっても譲るな!必ず自分の横に惚れさせたい相手を座らせて二人っきりのエリアを作りなさい。

あなたの財布を使ってもらえばあなたと彼女の共同作業が始まります!きれいごとと言えば現実のものとしてよく考えれば確かに絵空事かもしれない。

けれども、叶ったらいいなとか、現実的じゃない感じていても真剣に叶うと思うのが恋愛なんだろう。

何組かでデートのとき、ドライバーは決して譲るな!必ず自分の横に気になる人を座らせてあなたと二人だけのエリアを作りなさい。

自分の財布を渡すだけでも二人きりの共同作業がそこから始まるのだ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の3件 | -