So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

渡辺典子物語と恋に効く [日記]

自分が大切にしている動物の事を聞くと、その人の自信のある部分は何かを知る事が可能なのだ。

ペットは飼い主にとても似るもので、飼い主にしてみても、相当の年数自分が大切にしている動物は飼っている本人の分身であるという注目すべき存在という事実がはっきりします。

意中の人に告白するときは好きになった理由の整理が大切なのだ。

「〜なので付き合って!」というような好きになった理由を明白にして伝える事ができれば、一段と説得力と真実味が増す事が多いから。

恋愛するとき、たとえありがちな事でも「こんな事までありがとう」や「申し訳ない」と思っている事を忘れずに口に出す新鮮な心を慣れっこになってもずっと忘れない事ができなければならない。

心から微笑む事で、相手をモノにしたいという願いをさらっと分かってもらえる事になる。

口説き落したい相手にもその感情に気づいてもらえる事ができ、自分を好きにさせる。



イケメンと言われていても「いいかげんそうだよね」「女の人に大大人気だよね」「きっと沢山の恋愛してるよね\xA1
」みたいな評判でモテないもの。

慎重な女性の恋人候補から削除される事が多いという現実。

ただ女性が、男のくだらない話でも誠実な感情で耳を傾けて下さい。

「すごいすごい、素敵、いったいどうなったの?」と身を乗り出して眼を輝かせながら憧れを感情が満たされるまで聞いてあげる事。

たったそれだけの事で十分です。

『服を買いに行きたいんだけど、詳しい人のアドバイスが必要で』とスマートにデートの話をしてみるのもよいのでは。

手伝ってもらえる事になったら、なるべくならマフラーや帽子など小物選びに付き合ってもらえたら言う事なし。

とても忙しいと言う事がお決まりの女性は×。

「どんなときにデートに誘っても忙しくてと言われそう」と男性が気にしてチャレンジするのを躊躇している事が考えられる。

恋する人はウソをつくのは嫌だ。

ところが、本気の恋だからこそウソも存在している。

本気だからこそつく小さな嘘は実はパートナーを幸せに感じさせる確率が高い。



相手を愛する感情というものは義理という鎖だけで何とか保たれ\xA1
ているといえます。

それに加えて多くの人間の生まれついての性格は善ではないのだから、義理の鎖なんかは自分の感情の基本で気にせずたち切れる。

異性をいとおしく思う感情だけが二人の心と心を固く結んでいる。

他に何も求めない関係だから男性も女性も愛する相手に対して、決していい加減な事ができない。

その誠実さがどちらも磨くのだ!女性から受けた質問のとおり返さない男の人は女性にモテる事ではない。

女の人というものは相手に聞いた事を聞いて貰いたくてそんなふうに尋ねるのである。

本人の疑問は同じ事を質問してほしいという生物。

「犬好き」という人は感情の豊かなパートナーを作りたがる。

愛情をつぎ込んだ分だけ自分に対しても応える、そんな感じの恋人がほしいと欲してしまう事が少なくない。

「愛してる、愛している様だ」のバックにはしばしば「愛してほしい」が忍ばされている。

愛し合うと言う事では差し出しあうように見せかけながら、真実は相手から奪い合うものだ。




nice!(0)  コメント(0) 

「斉藤真由美」という宗教ともう一度恋したい [日記]

原則的に真剣な出会いが数多くある婚活サイトを例に取ると、本人確認は絶対の必要基準です。

本人確認が不要、もしくは審査基準があってないようなサイトは、多くのケースで出会い系サイトと断言します。

出会いがないという人々は、否定的な考えを貫いているように思えます。

つまりは、自ら出会いのグッドタイミングを見流している状況が大多数なのだ。

顔が残念だからとか、所詮きれいな子と交際したいんでしょ?と、好きな男の人から遠ざかっていませんか?男を振り向かせるのにマストなのは恋愛テクの戦略です。

男性が同僚の女性に恋愛の相談に乗ってくれと頼む時は、最も思いを寄せているまでは行かないにしても、男の腹づもりとしてはRanking二位ぐらいに思いを寄せている人という身分だと認識している事が大多数です。



いいなと思っている人に近づくための手順。

意中の人がたった一人の人に違いないのだと感じさせる言葉を巧妙に使ってみて下さい。

例えば「あなたは特別」とか「オンリー」のと言うのが一つの高度な技ぁ
任△襦\xA3

くしゃみなんかを両手で隠して、音をできるだけ静かにしようとする人はコケティッシュと言う事。

それくらい周りに配慮して、動いてたら、誰にでも気遣いが行き届くので、モテる事間違いない。

イケメンと言われていても「だらしない男っぽい」「ガールフレンド多いんだろうね」「女の人との出会いいっぱいあるよね」なんて疑われて大人気がない。

ほとんどの女の人の近づきたい相手から外される事が多いという現実。

男と言うのはラブラブにしたい人が自分にしゃべりかけている場面でしゃべっている人の目を見る可能性が高い。

話しかけた時にその瞳を強く見つめてくれるか見つめてくれないかが、好きになってほしいと思っているかどうかの境です。



グループになってデートのとき、車の運転は間違っても譲ってはいけない!必ず自分の隣に陥落させたい相手を座らせて二人っきりの場所を作るのだ!あなたの財布で支払ってもらうだけで二人だけの共同作業がうまれます。

普通、一目惚れというのは「あなたが思い描いたあこがれの恋拭
佑砲Δ辰箸蠅靴討い襦弯翰鍪暍屬任い觧槪个ǂ蝓\xA3

いぁ
錣罎襦屮ぅ瓠璽犬療蟇董廚箸いΔ茲圡里蕕譴真翰鈐瓮ɓ縫坤爐覆里澄\xA3

男が人前で泣くと女性の敏感な心を揺さぶる事ができるだろうけれど、まれに「価値の無い涙もろい男」にされちゃう想像もあるのじゃないか。

顔と顔を合わせる回数を増やす事によって異性はあなたをますます口説きたくなる。

本当に科学的に実証済みの女性の心理学に基づいた理論と言う事。

短い朝のあいさつだけでも、どんな事をしても1日1回は、顔をあわせて!男性は射止めたい人が自分にしゃべりかけている場面でしゃべっている相手の目を見る事がふつうである。

男性に話しかけた時に男性の瞳をきちんと見つめてくれるか見つめてくれないかが、気になる異性なのかどうかの見分けるポイントです。




nice!(0)  コメント(0) 

見えないイルカの仲間を探しつづけてと恋に効く [日記]

恋人づくりにおいて失敗が許されない重要なポイントは何であるかと頼まれたら、その疑問には、またとないチャンスをとらえる事と回答する。

第二も同じ、第三も迷わずそれだ。

通常女性はじっと聞いているよりも自分が相手に話を聞いてもらっているのが好き。

自分の言いたい事ばかりずっと喋り続ける男性は完全にばか野郎。

状況を考えて四六時中話す事が幸せな女性に聞いてみる事が最優先。

必見!暗闇の心因的な刺激は、ずば抜けている様だ。

自分の表情が隠せる事で、安心感、そして開放感を得る事ができる。

ほとんどといっていいほど人は、まなざしを読まれる事では苦痛であるためだ。

注目!真っ暗闇の心因的な影響は、驚異的!まなざしが相手から見えなくなるので、安堵感・開放感を得る事ができる。

どんな人でも、視線や表情を読まれる事では苦痛であるというのが理由。



ご存じロミオ&ジュリエットで知られる、結ばれない愛が激しく燃える理由は、二人以外の余計なお世話が強く結ばれた二人の心の\xA1
結びつきをいっそう固く結びつけてしまう心の動きが働くのが原因。

「今度会うときはどこかお食事に行って下さい」と尋ねて、「いつかそのうちイケたらうれしいね」とその人から回答がくるようなら、ほとんどといっていいほど成功する可能性は絶望的。

猫の事が好きな人はドラマチックな恋愛をしたい。

本物の猫も、当然の事かわいがり続けるほど主人との距離が近くなり離れがたくなるパートナー。

しかし現実には冷静な様子で、気まぐれな奴。

気になる人とのデートの約束を確実に成功させるために注意点は、普段どおりの生活や特別な日の行動パターンなどを事前に聞き、共通点とか共感できる重要なポイントを確認する事が必要。

空、それは女の恋する感情のようなものであり、海というものは男性の恋のようなものである。

どっちも実は空の下やと海の上の最後に決して越える事ができない上限も加減も実在している事に気がつかない可能性が高い。



相手を愛する感情だけが恋人たちの心を固くつなぎとめている。

愛し合う二人\xA1
だからどっちも異性に対して、いい加減になれない。

\xA1
こういう感情が女を、同時に異性としての男を磨くのだ!必見!暗闇の心因的な効果は、男性も女性もずば抜けている様だ。

見られたくない表情が暗闇でうまく隠れる事で、安堵感のみならず開放感をも得る。

誰でも人は、自分の表情を読まれる事では避けたい事というのが理由だ。

キスする時間が短いと感じたら、感情が離れている裏付けと言っていい。

口ではごまかせても、ごまかせないのが体。

怪しいと思ったらそれとなく本当の事を確かめてみる事。

100%、真実の恋愛の関係には慈しむ心があった。

女らしさを持った女の人たちが男の激しさをとても魅力的に感じるのは、男性の隠れている弱さを本能的に知っているからである。

「次はどこかに飲みに行こうよ?」と聞いてみたとき、「近いうちにイケたらいいのにね」と相手の人から返事が送られたら、高い確率で成功する可能性はないに等しい。




nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -