So-net無料ブログ作成

俺の人生を狂わせたET-KINGともう一度恋したい [日記]

彼女への愛の中には話す言葉よりも沈黙が沢山ある。

熱愛中の恋する男性が大切な恋人に熱く語りかけるとき、聞いている恋人は話している言葉よりも沈黙に心が震えている時が多い。

悪童理論という変わった名前の理論について聞いた事ではありますか。

常日頃はやさしさに欠け、よく相手をがさつに扱っているのに、珍しくのぞかせる優しい心に恋人の女性はクラっときてしまうと言う事である。

珍しくもなんともないところでつながりを持った人がまるで好きな芸能人に似ても似つかなかったりまるっきり恋愛対象として見れない年代、更にはあたなが男で、その人が男だったとしても、初めての出会いを発展させる事を意識してみて下さい。



グループでデートのとき、運転席のポジションは何があっても譲ってはダメ!必ず隣に射止めたい相手を座らせて自分と彼女だけのエリアを作るのだ!あなたの財布を使ってもらえば自分と彼女だけの共同作業がそこに生まれます。

よく聞く、一目惚れとは「あなたの描いた最高の実在しないイメージに好意を寄せている」そんな状態の事。\xA1


このメカニズムは「イメージの投影」というメカニズムです。

触れたすべてのものを気高いものにしてしまう、これこそ不思議な愛の魔力です。

なんだか、ふりそそぐ光で黒い雨雲までも金に変化させる太陽のような力である。

世の中の男性は、コミュニケーションをうまくとる事が上手ではない生き物。

女性を「からかう」行為を、知らない間にチョイスしてしまっている。

逆に、知らず知らずからかう事で上手にコミュニケーションをとるのが苦手な女性との交流ができる。



普通の女の人は男の人の様々な才能が平均的である事が好みである。

全部が40点〜50点あたりの人が一番モテる。

特別並はずれている完全な人は実はそらされる。

わがままな事ばかり言いそうに見える「ギャル系の女」は男性に好感をもたれないものである。

「出かけているときの会話も、振り回される事が多く、疲労する」イメージがあるからである。

ウキウキなまっただ中には思慮分別なんかはきかない\xA1
確率が高い。

反対からいえば、大人の判断がしっかり\xA1
きいている時には燃えるような恋をできていないサインなのである。

よく使われた『合コン』『飲み会』という死語はすでに使い古されて、下品。

女性を本当に誘いたいと思うのなら使い古されていない街コンを口実にしてデートに誘ったほうが、女性も何となく応えやすい。

好意を告白して成功させるワザは女性に夢を持たせる事が秘訣である事を覚えていて。

『ねえ、今日は財布にゆとりがあるから、ごちそうするよ!』なんて言えば、経済的な余裕がある男性に違いないと女性は見込むのが当然である。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。