So-net無料ブログ作成

ほぼ日刊北朝鮮 グアム新聞と恋に効く [日記]

「今日のは俺が払うからさ、今度はごちそうしてね(笑)」というふうに言えたならば、女性に不安な感情を感じさせないうちに、二人の間の空気を和まして、もう一回の甘いデートにこぎつくに違いない。

思いを寄せいている異性二人で一緒にいるとき、自分とよく似たアクションがないかしっかり見ておきましょう。

二人で一緒にいるとき、その人が無意識にとてもよく似たアクションをするようなら両想い。

特別な人でなければ愛というもののとらえ方を「愛する」というクエスチョンや、「愛する立場としての能力の評価の問題」としてではなく、「パートナーから愛される」という考え方として判断している様だ。

男と言うのはラブラブにしたい人が二人で話をしているときに話しかけている相手の目を見る事がふつうである。

しゃべりかけたときに相手の目を力強く見つづけてくれるかが、自分の男にしたいかどうかの判断できるポイントです。



好意のある人に告白するときは告白の理由の整理が肝心です。

「〜なところが好き」みたいな理由をはっきりとする\xA1
事ができれば、ぐんと説得力と真剣さが増すのが理由。

男性の愛には聞こえる言葉よりも多くの沈黙が沢山ある。

熱愛中の恋する男が恋人に向かって語りかけているとき、彼女は聞こえる言葉ではなく沈黙に聴きほれていて当然。

いいなと思っている男性を自分の彼女にしたいと思うのであれば、ハートを射止めたい彼の60cm以内に入るといい。

「あなた自身の香り」「うなじ」「スキンシップ」これらの技で意中の男性を攻めろ!本当の恋をしているときには、とても近くに、だけどいくら求めても現実にはならないとてつもない幸せがあるような気配がする。

更にその幸せは、ただ人つの言葉、人つの笑顔だけに影響される。

女性のうち「いつも人り孤独に単独で生活しているという女の人」は『人りだけの世界を邪魔する事では許さない』という言葉では表現できない威圧するような空気があり、近づいてはいけないものである。



恋人への愛情だけが愛し合う二人の仲を固く結んでいる。

他に何も求めない関係だからこそどちらも恋人に、いい加\xA1
減になれない。

その責任感が女を、併せて異性として\xA1
の男を磨くと言う事。

男というものは、コミュニケーションをうまくとる事が下手な時が普通「からかう」というアクションを、意識していないにもかかわらず選んでしまっている。

結局、からかうというアクションでコミュニケーションをとるのができない女性との接点を持つ事ができる。

異性への愛情というものは義理という関係の鎖だけで維持されているのだ。

そのうえほとんどの人間の本質は善ではないと言う事なので、義理の鎖でつながった関係なんか人間の感情の基本で気にせずたち切る事ができる。

「今回の分は俺が払うから、次回は頼むね(笑)」などと言える事ができれば、女性に払ってもらった罪悪感を受け止めさせる事なく、場の空気を和やかにして、再度の約束に持ち込む事だろう。

二人だけじゃなくて出かけるときは、運転席のポジションは間違っても譲るな!必ず隣に惚れさせたい相手を座らせてあなたと二人きりの空間を作ってみて!あなたの財布で払ってもらう事で二人だけの共同作業がうまれる。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。